いびきを治すための横向き寝では寝返り対策を

 

いびきは横向きで寝れば治るといいますよね。でも、一晩中ずっと横向きで寝るのって、果たして体に影響はないのかな、と疑問に思いませんか。

寝返りをせずにいると体の片側だけが圧迫されて、肩や腕に負担がかかりそうだし、骨盤が曲がったりして体が歪みそうですよね。

 

そうなんです。横向きで寝ればいびきは軽減されますが、寝返りを打たないと、それはそれで体に負担がかかってしまう。

 

ではどうすればいいのか?

それを解決するには、横向き寝用の枕を使うこと。横向き寝用の枕には、寝返りをスムーズに行え、肩や腕に負担のかからない仕組みが備わっているのです。

 

今回は、いびきを横向き寝で治したいときの寝返りと体への負担対策についてお伝えします。

 

いびきを治すための横向き寝では寝返りと体への負担対策を

寝返りと体への負担対策を

 

いびきを抑えるために横向きで寝るのは、舌の落ち込みを抑えて、喉の気道が狭くなるのを防ぐことが目的。

でも、普通の枕は仰向け寝に合わせて作られているため、どうしても肩や腕に負担がかかってしまいます。

 

横向き寝になると、仰向け寝にくらべて体を支える面積が少なくなりますよね。そのため、下側になる肩や腕には大きな負担がかかることに。

また、枕の高さが合わないことから首が平行にならず、そうなると首にも負担をかけてしまいます。

 

そういった体への負担を軽減するためには、2つの方法があります。

 

1つは、寝ている間に寝返りを打つこと。

寝返りを打つといっても、途中で仰向けになってしまうといびきがひどくなってしまうので、横向きから横向きへ寝返るということができる枕がおすすめです。

 

もう1つは、腕や肩に負担のかからない形の枕を使うこと。

横向き寝用の枕の中には、腕を横に置くところがあって、負担を減らす工夫がされているものがあるんです。

また、普通の枕よりも少し高めになっていて、首への負担も少なくなっています。

 

では、具体的にどんな枕が良いのか、次の項でご紹介します。

 

横向き寝の負担を減らすためには横向き寝用枕を

横向き寝

 

横向き寝専用の枕といってもいろんな種類があるのですが、その中でも今回は寝返りが打ちやすい枕と体に負担のかからない枕を1つずつ選んでみました。

 

寝返りがスムーズな横向き寝用枕:ウイングピロー

この「ウイング・ピロー」、独特な「立体ウィング形状」によって、横向き寝、仰向け寝の両方に対応しており、理想の寝姿勢をキープしつつ、自然な寝返りをサポートしてくれます。

また、横向き寝のために開発された枕のため、背骨から首にかけてのラインが水平になるように設計されていて、首への負担もかかりません。

 

また、これはおまけ的な機能ですが、うつ伏せになった状態でのスマホ操作や読書にも楽な姿勢が取れるようになっています。

仰向けでスマホを使っていると、腕が疲れますよね。この枕を使えば、そういったこともなくなります。

 

体に負担のかからない横向き寝用枕:YOKONE3

「YOKONE3」は、こちらも独特の形状で頭・首・肩・腕の4点を支える構造になっています。

枕の横に腕を置くスペースが設けられているのが特徴的です。

 

また、高さ調整用のウレタン板がついているため、お好みの高さに調整することが可能。

こちらも「ウイング・ピロー」同様に横向き寝用に開発された枕のため、背骨から首にかけてのラインが水平になるように設計されていて、首への負担もかかりません。

 

いびきを治すということ

あなたのためにはもちろんのこと、奥さんや子どものためにも、いびきを根本的に治すための行動を起こしませんか。

 

いびきは、かいている本人はなかなか自覚できないもの。だから、誰かに指摘されるまでは、自分がいびきをかいているなんて考えもしないのです。

それゆえ、「たかがいびきくらいで」と思いがちですが、横で寝ている奥さんはたまったものではありません。

 

毎日毎晩、すさまじい轟音を聞かされて眠れない・・・そんな奥さんの身になって想像してみたら、どうでしょう。あなたは耐えられますか?

間違いなく耐えられませんよね。そして、奥さんの身になって想像してみることで、いびきをかいて申し訳ない、という思いが出てきたのではないでしょうか。

 

奥さんは、あなたに早くいびきを治してほしい、と思っています。それは自分の安眠のためでもありますが、あなたの健康を気にかけてのこと。

いびきは、かいている本人よりも隣で寝ている人を悩ませるのです。

 

あなたが一日も早くいびきを治し、健康で幸せな日々を送られることを願っています。

 

まとめ

横向き寝2

 

今回は、いびきを横向き寝で治したいときの寝返りと体への負担対策についてお伝えしました。

 

寝返り対策としては横向きから横向きへの寝返りがやりやすい枕を、そして体への負担対策として、横向き寝のときに肩や腕に負担のかからない枕を使うのがよいですね。

この両方を高い次元で備えた枕があれば完璧なのですが、もし見つけたら私までお知らせ頂けるとうれしいです。

 

横向き寝用の枕で寝返りをスムーズにして、いびきを治して、快眠と健康、そして幸せを手に!

 


このサイトがどんな評価を受けているのか、知りたい人はこちらをクリック!

にほんブログ村 健康ブログ 寝言・いびき・歯ぎしりへ
にほんブログ村

 


いびきランキング